So-net無料ブログ作成
検索選択
私 ING(現在進行形) ブログトップ

真央ちゃん!感動をありがとう [私 ING(現在進行形)]

今日は浅田真央ちゃん引退表明がありました。
テレビはこの話題で持ちきりですね。

私も過去のスケーティングを見て、
思わずジーンときてしまいました。

ここまで国民に愛されるキャラクターって、
なかなかいないですよね。

真央ちゃんには、天使爛漫な「愛らしさ」と
努力に裏打ちされた「魅せる力
があると感じます。

何度も何度も、果敢に挑戦する姿。
喜びと悲しみの涙。
その姿が周囲の人に与える感動って、
本当に大きいのだなと思いました。


テレビの前にかじりついて、
トリプルアクセルをともに飛んだ人は
(気持ちだけどね)
私だけではないはずです。

真央ちゃんの頑張る姿を見て、
私も勉学や仕事を頑張ることができました。

また真央ちゃんの姿が、
今の若手スケーターを育てたはずです。


人に力と希望を与え、
背中で育てるって本当にかっこいい生き方です。


真央ちゃん、
本当にこれまでお疲れ様でした。
感動と力を与えてくれてありがとう!

これから第2の人生も、
真央ちゃんらしく明るくまっすぐ
歩んでいってね。

私も同い年の女性として、
真央ちゃんみたいに自分の可能性に
チャレンジしていこうと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ダメな自分も、愛する勇気 [私 ING(現在進行形)]

最近、自分の中の歯車が狂っていて
とうとう、脱輪してしまった昨日。


具体的には、

部屋はぐちゃぐちゃ、ご飯はまともなものが作れない。
洗濯はたまって山積み。布団を主な居場所として過ごす…。

心は不安定で、泣いたり怒ったり…どうしようもない不安にかられます。





それは、私のなかで「廃人」です。


時どき私は「廃人」になります。




そして、私はそれを心底恐れて生きている気がします。




いつも「ちゃんと」していたいのです。



でないと、自分を愛せない




だめな自分、嫌な自分は認めてあげられないのです。





子育てをしていると、
(それを言い訳にはしたくありませんが…)


ふたりの時より家が散らかります。

食事は作るのも食べるのも、ゆったりとはいきません。

洗濯物は倍に増えます。




私が元気なときは、それらを消化してあまりある生活ができます。

私はそれを喜びとして生きています。




...でも、私がつまづいたとき

生活はボロボロと崩れて、

なかなか建て直せなくなります。



それが3日前から顕著になっていました。





大体いつも、何かにチャレンジしていて

自分のキャパシティを越えてしまっているとき、

私は「廃人」になってしまいます。





今日は、「助け」を呼ぶことでそこから離脱しました!





空気母さんに来てもらうことで、


とにかく家を片付けました
(人が来るときれいになる)


娘と3人で遊びました
(話し相手がいるっていいね)


娘を見てもらって、休みました
(30分でもひとりで過ごせると違うね)



空気母さん
気張らずにやったらいいよ~

と慰めのお言葉。


本当に救われました。



自分でどうしようもできないときは、

ちょっと恥ずかしかったりもするけれど


人に「助け」を求めていいんだ!


自分ひとりでなんとかしなくていいんだ!


そう思えた1日でした。




すこしずつ、
だめな自分もせるように

できなかったことより

できたことを数え上げるように


後ろ向くより前向きに!


頑張っていこうと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

夢のマイホーム [私 ING(現在進行形)]

家、家!

最近私、が欲しい。笑



今賃貸住まいなんですけど、

ちょうど先々月に隣家が「空き家」として売りに出たんです。

その物件を面白半分で見に行ってからというもの、

(迷惑な客だな)

私の中で「マイホームフィーバー」が止みません。笑




私は転勤族で、賃貸を転々として育ってきました。

(一方、空気さん家は一軒家です。)

そのせいか、家を欲しいと考えたこともありませんでした。



転勤族の習性なのか、

一か所に「定住」するという発想は皆無。

どうせ移り住むんだから、と地域に愛着を持つこともありませんでした。





そんな私が、が欲しい。

この地域が「好き」だと思うようになりました。



人間って、変わるものですね。




でもなぜ、「家が欲しい」と思うのか?

手入れは面倒だし、固定資産税もかかる。

多くのローンを抱える。

家を持つって、かなりの覚悟が必要ですね。




私が家を欲しい理由は

「自分の城が欲しい」という以上に、



家族・友人・親戚など親しい人が

楽しく集える場所を作りたい!

と思うからです。




自分のためだけだったら、

いろんなリスクや負担を背負ってまで

家を買う必要はないと思います。

マンションとかだって、十分なはずです)





でも、大切な「誰か」を招けるように

もしもの時は一緒に暮らせるように。


そう思ったら、大きな家を持ちたいなと思います!





まあでも、今私は専業主婦。

空気さんに頼って生きている身ですから、

そんな大言壮語、心のうちにしまうしかありません...。




それでも、その夢を叶えたい。

だから私は、自分でビジネスを起こせるか

チャレンジしてみようと思っています。



空気さんの力を拝借しながらね。

まずは「石の上にも3年計画」で、頑張ります。



いつかここに、この夢叶ったって

報告できる日が来るといいな。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ぶりっ子 [私 ING(現在進行形)]

今日は「」の話。


最近つくづく、

私って「ぶりっ子」だな~って思うんですよね。



こういう匿名に近い場所でさえ、

いい子ぶって書いてるな~

って感じることがあるんです。



私は昔から

自己肯定感」が低くて悩んでいます。



...要は、自分を価値ある存在・大切な存在

として認めてあげることができないのです。




今の人は、結構そういう人多いみたいですね。



原因はいろいろあるそうです。

▽私がネットで調べた中で、かなり納得した2つの説を書きますと▽


家庭環境(親の支配)

過干渉・過保護な親により、自分の意思・感情・価値観を否定された。



いじめ

いじめによって、自分のアイデンティティを消失してしまう。



その他もあります。
(詳しくは、『根本裕幸さんの記事』をご覧ください)




私は、①が少しは影響している気がします。



両親は、自営業に近い共働きでした。

昼も夜も夫婦で仕事に出ていました。

家にいる時でさえ、職場の人と電話をしたり仕事の下準備に忙しそうでした。

一時期は、自宅が職場になったこともありました。



兄弟がいたので、不幸だった思い出はありませんが

自分の気持ち」をしっかり聞いてもらう時間はありませんでした。




また、何かというと

両親の価値観を話されて

なぜ、あなたはそう思うのか?

と聞いてもらうことは、ほとんどありませんでした。




そのうち私は、

「自分の気持ち」を押し殺して

人に合わせるようになっていきました。




今も、人一倍人間関係に疲れやすいです。

見た目は社交的でフレンドリーに装っていますが、

本心」は分厚い壁で覆われています。




最近、それじゃいけない!と思う機会があり、

また、先述のホームページの言葉に出会い

自己改革」に乗り出しているところです。




同じように悩んでいる方には、

ぜひ実践してほしいです!




少しずつですが、

「自分の意思」「自分の価値」

を認めることができるようになってきました。




人から評価されなくても構わない。

人に媚びなくても大丈夫。



...そんな根本的な「自己肯定感」が

芽生えてきました。





私は、自分が「地に足ついていない」と

人とうまくいくなんて無理だと思いました。





このブログにも、

私の本当の気持ち。

ありのままの思いをどんどん書いていきます。




自分をしっかり持てるようになったら、

もっと多くの人と

心から楽しく過ごしたいです。




世の中は、卒業式シーズンですが


私も「ぶりっ子」を早く卒業したいものです。笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

家族の「カタチ」 [私 ING(現在進行形)]

こんばんは。


本日、家族旅行から帰ってまいりました。


...いや~、

温泉に海鮮、神社参拝と盛りだくさんの1泊2日間でした。




しかし、

旅のメインは友人家族との交流でした。



友人宅は、親・子・孫・ひ孫の4世代

ビッグファミリーで生活しています。


今どきかなり珍しい家族の「カタチ」ですね。



無垢の木の立派な家や、

家業の作業場。

見事な日本庭園にも魅了されましたが、



一番印象に残ったのは、


世代を超えた家族の「キズナ」でした。



お父さんお母さん

おじいちゃん、おばあちゃん

友人夫婦


が小さな赤ちゃんを囲んで

和気あいあい、幸せそうに暮らしていました。



1泊しただけの客人には

わからない「葛藤」があるのかもしれませんが...



そうやって1つ屋根の下

ともに生活をする姿が輝いて見えました。





ちなみに我が家は

空気さん+私+娘の核家族世帯です。




私の実家は新幹線の距離。


空気さんの実家は車で15分の距離。




結婚当初は

娘気分で親しく交流してきたはずが...




娘が生まれてから

私の中でいろんな「葛藤」が生まれ始めました。



いや、

当初からあった小さなほころびを


いいお嫁さんでありたい


という私の願望で


見ないふりしているうちに、



私が爆発しちゃった、という


何とも情けない始末。





それでも

時間はかかっても、

血はつながらなくても


家族」として理解し合っていきたい

と心に決めた年初め。




その心にエールをもらうような

希望の追い風を受けたような、


私にとって

そんな旅になりました。




あ、それから

今日はもう1ついいことがありました。




娘を妊娠して以来

553日ぶりに


月のものが再開しました。




とても憂鬱なものではありますが、

命を生み出す大切なものです。



空気さんが

私ちゃんのために、お赤飯炊かないとね 」


と言ってくれました。



冗談かと思ったけど、


案外本気のようでうれしかった。






第2子はまだ、考えてないけどね。


いいこといっぱいの1日でした。




▽こういうの、正直あこがれます。笑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
私 ING(現在進行形) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。