So-net無料ブログ作成
検索選択

私の出産【お母さんという存在】編 [結婚生活]

今日は、昨日に引き続いて私の出産エピソード続編を書きます。

私にとって、人生初のお産&手術となった帝王切開
注射1本で吐き気がするほど、医療行為が苦手な私には相当ショッキングな入院生活でした。



手術の話で割愛したのですが、
手術翌日には、止血のために子宮に入れたバルーンとやらを取り出す……という恐ろしい処置がありました。
(普通にベッドで、白昼堂々と)

また、朝晩2回血栓予防の注射を腹部に受けました。

加えて、傷が痛むのに、乾燥で喉がやられて咳とたんに苦しむ日々……。

そんな私の入院中、心の支えとなったのは他でもない「」でした。
娘を世話することで、何とか恐ろしい日々を乗りきりました。


退院後、空気さんが居てくれる安心感もつかの間。
それまでの辛かった日々が一気にフラッシュバックしました。

突然泣き出してしまうこともしばしばありました。

そんな私を助けてくれたのが、実家の母でした。
退院後、3日ほどして遠方から駆けつけてくれたお母さん。

電話口で泣きじゃくる私の話を聞き、ケアしてくれたのもお母さんでした。

母は、1週間仕事も家のことも置いて私をサポートしてくれました。
(泊まりがけなので、当たり前かもしれませんが)

ただ、話し相手になってくれるだけで……
ただ、おいしいご飯を作って一緒に食べてくれるだけで……

こんなにも人は、元気付けられるのですね。

お母さん
という存在の本当のありがたさを感じました。


あらためて、私はお母さんが大好きだと思いました。


普段は会えないし、お産で会ったのも1年ぶりでした。

離れていても、お母さんはいつでも私を心配してくれる。愛してくれる。

そう心から感じただけで、「育児頑張ろう」と思えました。

世の中にいる人間は、すべてお母さんから生まれてきます。
(もちろん、お父さんがいないと生命をうけることはありません)

形はさまざまですが、産みの苦しみを経てこの世に誕生した私たち。

お母さんって本当に偉大な存在です。

私も、そんなお母さんになれるように頑張りたいと思います。



今日で【出産】のお話はおしまいです。
また、子育ての話についてはちょこちょこ書いていきたいと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。